国際未来を切り開く社会性と創造性、そして、人類普遍の知性に富む人間を育成する

  1. コラム
  2. 257 view

憶えていてほしいエピソード(後藤宏行)

 後藤宏行

 明治の文豪・夏目漱石について伝説のようなエピソードがあります。英語の先生の方々ならご存じかもしれませんが、英語教師だった頃の漱石のある授業にまつわる話です。

 英文の中に、“I love you”という言葉があった。生徒は、「我君を愛す」と訳した。ところが漱石は、「愛なんて私たち日本人は言わないだろう。そこは月がきれいですね、とでも訳しておきなさい」と言った。文豪でなくては思いつかない素晴らしい訳だと後にこの話は伝えられています。

 で、もしも、もしもですが、「月がきれいですね」という言葉を自分の片思いの相手に使ってみたら不思議と思いが通じた、なんてことが本当に起こったら、 とてもロマンチックですよね。

コラムの最近記事

  1. 学食のカツ丼(cuisine紡)

  2. 朝日大学吹奏楽部 第1回春のコンサート(畦地真太郎)

  3. サブスクリプションが甦らせる名曲と世界戦略(畦地真太郎)

  4. コロナ禍と、秋の夜長はジグソーパズル(中垣勝臣)

  5. 生きるって何だろう(米田真理)

関連記事