国際未来を切り開く社会性と創造性、そして、人類普遍の知性に富む人間を育成する

  1. ふるさと自慢
  2. 38 view

学食のカレー(cuisine紡)

ペンネーム:cuisine紡(経営学部生)

 今回は、6号館にある学生食堂で提供されている「カツカレー」を紹介したいと思います。

 皆様、ご存じかと思いますが、カツカレーとは、白米にカレールーがかかったカレーライスの上にカツが乗っている料理のことです。

 6号館の学生食堂では、通常は450円で、大盛にすると550円でカツカレーを食べることができます。

 カレーは他の食べ物との組み合わせが無限にある料理と言っても過言ではないかもしれません。今回紹介しているカツカレーもカレーにカツを組み合わせたものであります。他には、ハンバーグやコロッケ、エビフライなどを組み合わせて食べる人もいます。この様に様々な組み合わせがあるにも関わらず、カツカレーは王道中の王道と言える組み合わせなのではないでしょうか?

 とは言え、学生食堂にはカツ以外にも、カレーに乗せられている食べ物があります。お気に入りのカレーを見つけてみてください。

 カツカレーのカツ、皆様はどのように食べますか?あまりカレーを付けずに、サクサクのカツを食べる人。カレーをたっぷりと付けて、シナシナになったカツを食べる人。ここは賛否が分かれるところかもしれません。

 折角なので私の食べ方を紹介しておきます。まず、用意するものがあります。箸とスプーンです。次に、カツの内、半分くらいはサクサクの状態で食べます。その為に箸を使って、カレーを少しつけながら食べていきます。そして、残りの半分はカレーに浸して食べますが、注意することがあります。残りの白米の量をよくチェックしておきましょう。カツの為にカレーを使いすぎると、ルーが無くなり、白米だけが残るという悲しい結末を迎えてしまいます。また、浸したカツを食べるときは、箸でもスプーンでもどちらでも大丈夫です。

 勉強や部活動など大変なことが多くあり、毎日疲れている方もいるかもしれません。そんな疲れに打ちカツ(勝つ)為にも、カツカレーを食べて、日ごろのオツカレー(お疲れ)を吹き飛ばしましょう!

ふるさと自慢の最近記事

  1. 学食のカレー(cuisine紡)

  2. 餅食文化〔岩手県一関市〕(髙橋菜緒)

  3. 四季の街 北海道札幌市(河原綾乃)

  4. 私の地元(岐阜県岐阜市)(渡邉真太郎)

  5. 私が思う各務原市の自慢(池田純)

関連記事