国際未来を切り開く社会性と創造性、そして、人類普遍の知性に富む人間を育成する

  1. 出版案内
  2. 61 view

お勧めの本(後藤宏行)

経営学部 後藤宏行

 『天を衝(つ)く― 秀吉に喧嘩を売った男 九戸政実』高橋克彦著、講談社文庫(全3巻)、2004年

-あらすじ-

 織田信長が天下布武を掲げた頃、陸奥(みちのく)の南部家では内紛が続いていた。新たな時代を予見する九戸党の棟梁・政(まさ)実(ざね)は、ついに宗家を見切った。戦の天才「北の鬼」九戸政実が、武者揃いの一族郎党を束ねて東北の地を駆け巡る。時に南部家棟梁が二代続けて怪死する激乱の事態となり、政実は南に目を向けながらも、南部一族内の権謀術数が蠢く陸奥に縛られていた。折しも織田信長が殺され、伊達政宗が台頭する。天下人となった豊臣秀吉は、十万の兵を率いて東へ進軍をはじめた。目前に迫る豊臣秀吉(この時の大将は甥の秀次)の大軍。日本中がひれ伏した敵に、わずか五千の兵で政実は喧嘩を売った。策を尽くし、鍛えた武力で敵を翻弄する九戸党。果たして誇りをかけた最期の戦いを待ち受けていたのは―。

-感想-

 奥州、南部の一族である九戸政実の物語。読んでいるうちに、次はどうなる、次はどうなるというふうに、飯を食うのも、トイレに行くのも忘れて読み耽(ふけ)ってしまいました。文章のスピード感がたまらなく心地よい。ジメっとした感じもなく,一気に読めてしまう。九戸政実って誰それ?と思わずに試してみてください。絶対ハマります。それくらい日本の歴史もの、戦国時代ものが好きな人には面白すぎます。外に出てフィールドワークもいいですが、部屋に籠もって読書に浸るのも味なものですよ。

出版案内の最近記事

  1. お勧めの本(後藤宏行)

  2. 72年間語られなかった「二次被爆」の真実(山田昇司)

関連記事