国際未来を切り開く社会性と創造性、そして、人類普遍の知性に富む人間を育成する

  1. コラム
  2. 7 view

ショートカットキーランキング② -Word編- ( ペンネーム:コンパスト=パソコーン)

 今回はショートカットキーランキングの第2弾、Word編です。前回のショートカットキーは使いこなせるようになりましたか?使っているうちに使いこなせるようになります!積極的に使ってみてください!

 それでは紹介していきます。

1位 文字数のカウント

[ctrl] + [shift] + [G]

 こんなショートカットキーを使わなくても左下に表示されているじゃないか。と思った方もいるかもしれません。確かにそうです。左下に表示されています。しかし、スペースを含めた文字数は?含めない文字数は?行数は?段落数は?などの情報を知りたくはないですか?折角Wordという文書作成ソフトを使っているのです。文章を書くときにこの文字数カウントを上手く使いこなしていきましょう!!

2位 ウィンドウの分割/解除

[ctrl] + [alt] + [S]

 ショートカットキー以前の問題で、そもそもこの機能を使ったことがある人は少ないのではないでしょうか?この機能は上手く使いこなせると実は便利な機能だったりします。この機能を使い、編集中の文書のウィンドウを分割することで、離れた場所にある文書を見ながら作業することが可能となります。しかし、デメリットもあり、分割することで作業している画面がどうしても小さくなってしまいます。そんなときにはこのショートカットキーを使うことでこまめにウィンドウを分割し解除することで効率よく作業しましょう!!

3位 太字(Bold)

[ctrl] + [B]

 Wordを使っていて、文字を強調したいときは割と多いですよね。そんなときは、太字にしたい部分を選択してこのショートカットキーを押してください。文章を書いていて何回も太字にすることは無いかもしれませんが、文書を作成するときにきっと役に立つショートカットキーです。

4位 下線(Underline)

[ctrl] + [U]

 太字のときに強調の話をしましたが、下線も強調する方法の一つです。下線も太字と同様に覚えておくと役に立つショートカットキーです。

5位 書式のクリア

[ctrl] + [スペース]

 Wordを使っていて改行した時に前行の書式の設定がそのまま続いてしまいイライラしたことはありませんか?書式の設定がそのまま継続されるのは便利な機能ではありますが、継続してほしくないときに継続してしまうとその書式を解除する手間がかかってしまいます。そんなときにはこのショートカットキーを使ってください。このショートカットキーを使うと設定されていた書式がクリアされます。なので、改行した時などで書式を元に戻したいときはこのショートカットキーを積極的に使ってください!!

 Wordはレポートの作成など使う機会が多くあると思います。ショートカットキーを使いこなしてより効率的に作業を進められれば作業が楽しくなるかもしれません。ぜひ今回のショートカットキーを使ってみてください。次回は「Excel編」をお送りする予定です。

コラムの最近記事

  1. 高賀六社巡り~寄り道編~(ペンネーム:AstéroïdeB612)

  2. ショートカットキーランキング② -Word編- ( ペンネーム:コンパスト=パソコーン)

  3. ショートカットキーランキング① -Windows標準機能編-(ペンネーム:コンパスト=パソ…

  4. 香害(畦地真太郎)

  5. 高賀六社巡り~うなぎ伝説と妖魔さるとらへび伝説~(ペンネーム:AstéroïdeB612)…

関連記事