国際未来を切り開く社会性と創造性、そして、人類普遍の知性に富む人間を育成する

  1. 就職活動
  2. 187 view

私の就活報告 内定に至るまで(栄本圭祐)

経営学科4年 栄本 圭祐

 昨年10月ぐらいに大学の就職説明会でリクナビとマイナビを登録しました。

 私は地元である島根県松江市の企業と愛知県と岐阜県の企業を探していましたが、どんな仕事をしたいか全然わかりませんでした。

 3月にポートメッセ名古屋で合同説明会がありました。いろんな企業のブースをまわって話を聞きましたがここで働きたいという企業は見つかりませんでした。

 5月に母校の高校の先生と話す機会があって、そこで地元で就職したいと思いました。この直後に親から鳥取県にあるアシックスの子会社を勧められて、6月の半ばに説明会に行きました。アシックスはシューズの製造をしていて、スポーツをやってきたし、スポーツ関連の仕事をしたいと思い、アシックスを受けることにしました。6月の下旬に試験を受けました。緊張して、伝えたいことを上手く伝えることができませんでした。7月の上旬に結果が来て不合格でした。次はもっと上手く伝えるように準備しようと思いました。

 マイナビで地元の企業を探している時に馬潟工業(有)という企業を見つけました。馬潟工業は親会社である日立金属の子会社で、親会社から頼まれた部品を製造する仕事がメインです。そこから父親と話をして、8月上旬に説明会に行くことになりました。この説明会に参加して、そのあと8月半ばに面接を受けました。アシックスの時の反省を活かして事前に準備していきました。そして9月上旬に内定をもらいました。

 就活が終わった感想としては、もっといろいろな企業を探して説明会などに参加したら良かったと思いました。来年から就活をする人にとっては、なるべく早くから準備をするのがとても大事になると思うので、大手の企業を受けようと思っている方は特に早いうちから準備するといいと思います。

就職活動の最近記事

  1. 就職活動について(中石光紀)

  2. 私の就活報告―内定に至るまで(岩本結菜)

  3. ホンダカーズに内定が決まるまで(富井一暉)

  4. 私の就職活動(小野木渉太)

  5. 私のインターンシップ実習報告(神田琴華)

関連記事