国際未来を切り開く社会性と創造性、そして、人類普遍の知性に富む人間を育成する

  1. 就職活動
  2. 38 view

私の就活報告(時田大雅)

経営学科4年 時田大雅

 私が就職活動を本格的に開始したのは、大学3年生の1月です。具体的には、マイナビや名大社が開催している合同企業説明会に参加しました。その頃は、自分のやりたい仕事や就職したい企業が明確ではありませんでした。そのため、合同企業説明会は企業を知るのはもちろんですが、業界別にみることに重点を置いて動いていました。何回か企業説明会に参加したのですが、自分のやりたいことが見つかりませんでした。そこで、友人に自分のやりたいことが見つからないことを相談しました。

 友人は、「自分のやりたいことが見つからないのなら、やりたくないことをまとめて、それらを消去していけばいいんじゃない?」という助言をくれました。まとめてみると、「転勤は嫌だ」や「土日休みが良い」など多く出ました。それらを消去していくと、自分の進むべき道が見えてきました。企業説明会やリクナビ・マイナビで企業を探す時に、どこに着目して見ればよいかはっきりしたため、そこから企業を絞ることはスムーズに決まっていきました。

 3月1日に株式会社テクノアにエントリーしました。同社はリクナビの企業検索で見つけました。3月10日に会社説明会があり、終了後に1次試験がありました。試験は、国語・数学・一般常識の問題でした。翌日に1次試験合格の連絡をいただきました。3月17日に2次試験があり、それはSPI試験でした。翌日に2次試験合格の連絡をいただきました。3月24日に面接がありました。面接をしていただいたのは、社長と新卒採用担当の方ともう1人の方の3人でした。面接は堅苦しくなく、自然な感じだったため、とても話しやすく素の自分で話すことができました。面接終了後、その場で社長から口頭ではありましたが、内々定をいただきました。その翌日に正式に内々定の連絡がありました。その後、ほかの企業も見てみようとも思ったのですが、株式会社テクノアで働きたいという気持ちが高まり、企業に連絡し、正式に内定をいただきました。

 就活を終えて、自分の条件を満たした会社に就職できるのでとても満足しています。社会にでると苦しいことや辛いことがたくさんあるとは思いますが、自分で選択した道なので、乗り越えられると思います。これから就職活動に取り組む後輩たちにも、後悔しない選択をしてほしいです。

就職活動の最近記事

  1. 就活の経緯(服部康平)

  2. 就職活動報告(村田幸大)

  3. 私の就活報告(時田大雅)

  4. 就職活動について(中石光紀)

  5. 私の就活報告―内定に至るまで(岩本結菜)

関連記事