国際未来を切り開く社会性と創造性、そして、人類普遍の知性に富む人間を育成する

  1. ふるさと自慢
  2. 166 view

人に寄り添う町〔岐阜県羽島市〕(入江陽太)

経営学科1年 入江陽太

 私の故郷は岐阜県羽島市竹鼻町というところです。羽島市は、西は木曽川、南は長良川で囲まれており水がとても綺麗な町です。

 羽島市の人口は6万7802人ですが、高齢化の進行が市の問題になっています。その問題に対して羽島市ではお年寄りが住みやすい町を目指しており、薬局などのお年寄りが必要とするものが揃っています。交通面においても日本中に繋がっており、新幹線駅である岐阜羽島駅、そして名神高速道路があります。

 羽島市の観光名所と聞かれて私はあまり答えることができませんでした。ですが羽島市は伝統的なお祭りが多く子供からお年寄りまで楽しむことができます。5月には、竹鼻祭りそして美濃竹鼻ふじ祭り。8月は、美濃大花火。10月には、ぎふ駅前フェスが開催されます。特に竹鼻祭りでは、江戸時代に起源にもつ豪華絢爛な山車が町を練り歩き地元の人が一体となって祭りに参加しています。観光名所ではないのですが、巷で話題のコストコがあり近隣住民の生活を支えています。私は羽島市を、伝統が受け継がれ地元住民に寄り添う町と思っています。羽島の伝統を体験したい人は一度足を運んでみてください。

ふるさと自慢の最近記事

  1. 私が思う各務原市の自慢(池田純)

  2. 歴史と文化と食のまち〔岐阜県羽島市〕(伊藤祐樹)

  3. 人に寄り添う町〔岐阜県羽島市〕(入江陽太)

  4. 自然が魅力〔三重県熊野市〕(山口琢也)

  5. 川平の海と星空と…〔沖縄・石垣島〕(前新城奈々)

関連記事